トップ > 注文住宅

注文住宅

大志株式会社の施工事例

注文住宅が完成するまで

  • まずは地盤調査
  • 土地を決めたら地盤調査を行います。調査データによっては、地盤改良工事をします。当社が購入する土地は出来るだけお客様の負担と成る、鋼管杭打ち込みや、地盤改良等の必要が無い、周辺の地盤データを十分に考慮した安定した土地を出来るだけ提供できるよう努力しております。

  • 地盤調査後、異常が無ければ転圧整地後、いよいよ家の土台となる基礎工事を行います。当社では、傾斜地や、建て替えの為のお客様がお持ちの土地以外、当社標準仕様として、全邸ベタ基礎を標準としています。コンクリートベタ基礎は家の重量を支える一番の要。精巧なプレカット材の性能を発揮させる基本と成る場所です。

  • 配筋・基礎コンクリート打設
  • 上棟・屋根工事
  • 柱を立てる前に、排水管の工事をします。住宅が建ち始めると、流水の確認が完全に出来ない為、安全にお住まいに成られる様当社ではここで一度確認しております。そして、いよいよ木材の組み立て「上棟」を行います。その後、外部壁からの湿気・騒音・風・害虫の侵入を阻止する防湿シートを貼り、外壁材の下地処理等を行います。

  • 現在、外壁材は、ハウスメーカーを始め、住宅施工会社では、殆どサイディングでの施工を行っております。外壁タイルを謳ってもサイディングに接着剤でタイルを張っているだけで、基本は同じです。選択はその模様・色等で、センスが問われる部分だと考えております。また、モール等を用いて外壁にアクセントを付けたりデザインには十分に自信を持っております。

  • 外壁工事・外壁下地工事
  • 内装工事・内装建具工事
  • 地震に耐える為の構造用合板や、木材接続の金物の施工確認後、内装工事の始まりです。火災から命と財産を守る耐火材の石膏ボードを張り、クロス貼りの下地を作って行きます。キッチンや浴室・洗面所・トイレ等の設備工事もこの段階で同時進行していきます。

仕上げ・補修

お客様へ引渡し